企業

実施時間帯

時間/回

期間

生徒数

授業構成・内容

A 社

お昼休み

30分

6か月

1名

・6か月に一度生徒を募集し、30分の1対1の授業を行う
・1対1のメリットを生かした、個人の要望やレベルに合わせた授業を提供する
・短い授業時間を補うため、課題や授業の予習を課す
・期末に英語プレゼンテーションやディベートなどの英語発表の場を企画し、他の受講者とのコミュニケーションを行い、上達を確認する場を提供する。

B 社

2時間

10か月

8名

・新入社員教育のため、英語、英会話教育を提供する
・ネイティブ講師と日本人講師のティームティーチング
英文法復習と確認、及び基礎英会話を日本人講師が担当し、ネイティブ講師がビジネス英会話を担当する
・TOEIC を初めて受検する生徒のため、TOEIC ミニ対策を行う

C社

終業後

1時間30分

期間を定めず

3名

・随時、生徒の退会、入会がある
・TOEIC 演習から一般英会話、ビジネス英会話まで、授業内容を1年に1度程度変更する
・生徒は、個人レベルでTOEICを定期的に受検し、実力の確認やモティベーションを高めるための指標とする